FUTURE

斎藤 和真

2021.07.25

かえる舎と高校生の青春記20「2020年の春」

2020 春
コロナ禍。

県外に進学した大学1年生たちと連絡をとると、発する言葉はすべて不安でした。

「進学したはいいが、一度も大学に行っていない」

「入学式も、もちろんない」

「ひとり暮らしに慣れてない上に、緊急事態宣言って心細すぎるよ」

「学校がないから、友だちもできなくて、ずっとひとり」

いろいろな不安の声が聞こえてきました。

できることないかな。

何かできないかな。

市役所にそんな大学生の現状を伝えたところ、市役所もそれを察知してくれていました。

何かできないかな。

家から出られないのであれば、せめて富士吉田市の物資を送ってあげようと『ふじよしだ若者エール便』が決まりました。

詳しくは富士吉田市HP
https://www.city.fujiyoshida.yamanashi.jp/info/3411

県外で不安な日々を送っている大学生を対象に、道の駅に売られているお米やレトルトのカレー、お菓子、カップうどんなど、“ふるさと美味しい”を送らせてもらいました。

学生からは「富士吉田市、最高!」と明るい声が返ってきました。

そうなんだよ、富士吉田は最高なんだよ。

みんなのために汗を流してくれる先輩たちが、いっぱいいるのよ。

記事一覧へ

斎藤 和真

特定非営利活動法人〈かえる舎〉代表理事
慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

栃木県鹿沼市出身。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了後、山梨県富士吉田市の地域おこし協力隊に就任。 2016年に富士吉田市を中心に高校生の教育プログラムを企画運営する〈かえる舎〉を設立。現在は山梨と栃木の二拠点で活動し、週に一度、栃木県鹿沼東高校の非常勤講師として授業も行っている。インスタはラーメン日記です(笑)。

CONTACTお問い合わせ

you FUJIYOSHIDA
運営:一般財団法人ふじよしだ定住促進センター(FRPC)

〒403-0009 富士吉田市富士見1-1-5
10:00〜18:00(土・日・祝日を除く)

0555-73-9438