COMMUNITY

上田 潤

2022.02.14

上田潤の地域福祉とふじよしだ19「つながる」

僕の生活支援活動『じばサポ』一番のお得意さん、Sさん。
このSさんはひとり暮らしで、足を悪くしています。
筋力もかなり低下していて、なにかに掴まらないと、ひとりで歩くのも危ないほどです。

なので、一緒に出かけることが多い。
いわゆる移動支援というやつです。
買い物へ、郵便局へ、銀行へ。
迎えに行くと「足が痛い」と、涙ぐむことがあります。

そんな時は僕が財布を預かって、手続きや買い物などを代行します。

Sさんは僕のことを”おにいちゃん”と呼びます。
携帯電話にも”おにいちゃん”と登録されていました。
僕もSさんのことはあだ名で呼んでいます。
いつものようにSさんと買い物へ行ったときのことです。

手渡されたメモからは、なにを買おうかたくさん悩んだ様子が伺えました。
配食サービスばかりの食事では飽きてしまうし、
いつもホームヘルパーさんに買ってきてもらうのもつまらない。
やっぱり自分の目で見て、選ぶほうが楽しいみたいです。
カートを押しながら店内を見てまわる足取りは、家でのそれよりはるかに軽やかでした。

「たまの贅沢だから、刺身でも買おうかね」
メモにないものも買い物かごへ入れていきます。
僕になにか買ってくれようとも(お気持ちだけありがたく頂戴いたします)。

僕がコーンスープを探している間に見失ったSさんは、井戸端会議中でした。
お二人はかなり長い付き合いで、数年ぶりに再会したそうな。
Sさんが足を悪くするまでは、よく互いの家にお茶飲みに行ったんだとか。
話に花が咲いて会話に夢中のSさん。あとの買い物は頼まれてしまいました。
ふたりが最後、別れ際に「頑張って生きていこう」と声を掛け合っていたのが印象的です。

帰りの車の中で、Sさんは言いました。

「生きていくのは大変だけど、生きていればこうやって嬉しいこともあるんだね。ひとりで家に引きこもって足の痛みに耐えていると、死んでしまいたいと思うことだってあるんだよ。私はあなたに会えて本当によかった。あなたに会えたから今日、あのおばあさんに会えたんだ。頑張って生きなきゃね」

僕の活動は人のつながりを運ぶこともあるんだと、嬉しい気持ちになりました。

​​写真の掲載に関してSさんの承諾をいただいています。

記事一覧へ

上田 潤

富士吉田市地域おこし協力隊

山梨県南アルプス市出身。大学進学を機に上京した後、数社のジョブホップを経て2020年10月から〈富士吉田市地域おこし協力隊〉に。
これまで〈星野リゾート〉でサービスマネージャー、岡山の倉敷美観地区に拠点を置くローカルベンチャーで地域商社事業部の立ち上げや人事を経験。協力隊着任前は、キャンプ場や研修施設を運営する会社で山中湖の施設のマネージャーを担当。そこで開かれたイベントで、富士吉田市で活動する人たちと出会い、「富士吉田の人と地域」に魅力を感じ現在に至る。
地域の人と人との関わりが拡がるようなコミニティデサインの構築を目指し、地域福祉や飲み屋街の活性化、アキナイ創りなど、好奇心旺盛に富士吉田市の可能性を感じる毎日。地域に眠っている「ネタ」を事業の「タネ」と前向きに捉え、地域を面白がるガキ大将。

CONTACTお問い合わせ

you FUJIYOSHIDA
運営:一般財団法人ふじよしだ定住促進センター(FRPC)

〒403-0009 富士吉田市富士見1-1-5
10:00〜18:00(土・日・祝日を除く)

0555-73-9438