COMMUNITY

上田 潤

2022.04.15

上田潤の地域福祉とふじよしだ 21「あたたかい春」

デザイナーである協力隊の片岡(左から2番目)。この日のために市長Tシャツを作成し、プレゼント。

先日、富士吉田市長室へ訪問し、富士吉田市地域おこし協力隊の年間活動報告をさせていただきました。

この一年間取り組んだこと、そこで学んだこと。

それらを活かして、これからどんなことをやっていくのか。

お忙しい中、時間をつくってくれた市長ならびに行政の皆様、ありがとうございました!

僕は4月から始める新規事業、「ソーシャルハウス宝島」のことを中心にお話させていただきました。

ちなみに富士吉田市ではこの2022年3月末を以て、僕以外の地域おこし協力隊3名が卒業になります。

もちろん4月からも協力隊卒業生たちは、新しい形で富士吉田市に関わっていくことになるのですが、富士吉田市の地域おこし協力隊、しばらくは僕一人体制になりそうです。

その分、行政の方々を含む市民のみなさんの期待や応援を背負っているという意識をもって、新規事業に励みたいと思います。

さて、〈宝島〉の島開きの日。

季節はずれの雪が降りました。

あいにくではなく、むしろ記念だと思っています。

こんな天気の中、おばあちゃんが2人も来てくれました。

嬉しくて抱きしめたくなりました。

地元のテレビ局も取材に来てくださいました。

次の日には、ママさんたちと子どもたちが。

毎日だれかが訪ねてきてくれる。

本当に嬉しいことです。

チラシの文章を考えてくれたり、

菜っ葉や漬物を差し入れてくれたり、

食器や本、文房具を寄付してくれたり。

なんかもう、人のあたたかい気持ちがみだれうち。

僕は幸せものです。

もらった幸せをお返しできるように、精一杯活動していこうと思います。

富士吉田市のみなさん、ふつつか者の僕ですが、今年も一年間どうぞよろしくお願いいたします。

記事一覧へ

上田 潤

富士吉田市地域おこし協力隊

山梨県南アルプス市出身。大学進学を機に上京した後、数社のジョブホップを経て2020年10月から〈富士吉田市地域おこし協力隊〉に。
これまで〈星野リゾート〉でサービスマネージャー、岡山の倉敷美観地区に拠点を置くローカルベンチャーで地域商社事業部の立ち上げや人事を経験。協力隊着任前は、キャンプ場や研修施設を運営する会社で山中湖の施設のマネージャーを担当。そこで開かれたイベントで、富士吉田市で活動する人たちと出会い、「富士吉田の人と地域」に魅力を感じ現在に至る。
地域の人と人との関わりが拡がるようなコミニティデサインの構築を目指し、地域福祉や飲み屋街の活性化、アキナイ創りなど、好奇心旺盛に富士吉田市の可能性を感じる毎日。地域に眠っている「ネタ」を事業の「タネ」と前向きに捉え、地域を面白がるガキ大将。

CONTACTお問い合わせ

you FUJIYOSHIDA
運営:一般財団法人ふじよしだ定住促進センター(FRPC)

〒403-0009 富士吉田市富士見1-1-5
10:00〜18:00(土・日・祝日を除く)

0555-73-9438