COMMUNITY

斎藤 和真

2021.12.15

かえる舎と高校生の青春記25「2020年の秋」

2020秋

お味噌できました。

2020年1月にみんなで富士吉田のお米を使った味噌作りをしました。

協力してくれたのは甲府の〈五味醤油〉さん。

いつもありがとうございます。

「お米から味噌ってできるんだ」

「美味しくなるかな」

と楽しみながら味噌を作らせていただきました。

半年寝かせて、いよいよ完成。

待っている間にみんなで考えた味噌の名前は「富士みそ子」。

自分たちが手塩にかけて作った味噌は、まるで子どものようにかわいいから、親しみを持って人のような名前に。

みんなで容器に詰めてもらった味噌にシールを貼り、販売先の道の駅ふじよしだに納品。

(現在は完売中、すみません…)

コロナ禍のため、みんなで完成した味噌の試食会ができなかったことが残念。

またみんなで作って、味わえる日がくるといいのですが…。

記事一覧へ

斎藤 和真

特定非営利活動法人〈かえる舎〉代表理事
慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

栃木県鹿沼市出身。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了後、山梨県富士吉田市の地域おこし協力隊に就任。 2016年に富士吉田市を中心に高校生の教育プログラムを企画運営する〈かえる舎〉を設立。現在は山梨と栃木の二拠点で活動し、週に一度、栃木県鹿沼東高校の非常勤講師として授業も行っている。インスタはラーメン日記です(笑)。

CONTACTお問い合わせ

you FUJIYOSHIDA
運営:一般財団法人ふじよしだ定住促進センター(FRPC)

〒403-0009 富士吉田市富士見1-1-5
10:00〜18:00(土・日・祝日を除く)

0555-73-9438