COMMUNITY

上田 潤

2022.07.15

上田潤の地域福祉とふじよしだ 24「見えない暮らし」

高齢者の生活支援〈じばサポ〉。

現状の福祉制度や民間サービスではまかないきれない、身近に、気軽に頼れる人がいない「高齢者の生活の困りごと」をサポートする活動です。

この活動を始めてから、1年が経ちました。

2022年7月12日、支援の実施回数は100回目を記録しました。

活動を通して、世の中には本当にいろいろな暮らしがあって、人それぞれ、様々な生きづらさを抱えながら、必死に生きているということを

日々実感しています。

先日、あるおじいちゃんから「入れ歯を探してほしい」という依頼がありました。

訪ねてみると、家の中にものが散乱していて、ゴミとネズミの糞だらけ。

入れ歯を探すだけと思っていた僕は、少し面食らってしまいました。

そんな僕を見て、「すまんな兄ちゃん、身体が動かねぇんだよ」とおじいちゃん。

この方は肺に疾患があり、酸素吸入器を使っての呼吸補助が必要でした。

立ち上がってトイレに行くだけでも、息苦しくなってしまうのだそうです。

ゴミを片付け、ものを整理すること2時間。

入れ歯が見つかってひと安心、2人で喜びました。

もし自分がこのおじいちゃんと同じ状況だったら、部屋をきれいに保てるだろうか。

片付けたくても自分ではできない、身近に頼れる人もいないというとき、なにを思うのか。

帰りの車のなかで、そんなことを考えていました。

後日、今度はおばあちゃんから「家の整理を手伝ってほしい」と要請がありました。

この方は、ご家族の事情で家を急遽引っ越さなければならなくなり、市営団地に入居。荷物整理の最中に転倒してしまい、入院。今は杖をついて歩くのがやっとで、荷物の整理はままならないという状態でした。

僕が初めて訪問した日は、このおばあちゃんの息子さんの命日だったそうです。

「ごちゃごちゃの家の中で心細かった私を心配して、息子があなたを連れてきてくれたのね」と。

それ以降は週に一度のペースで訪問し、お家の整理を手伝っています。

同じまちのなかに、いろんな暮らしがある。

近所に住んでいる人や、スーパーですれ違うあの人も、様々な悩みや不安を抱えながら生きている。

僕たちはつい、自分の生活のことで頭がいっぱいになってしまうけど、見えない暮らしがたくさんあることを、忘れないでいたいと思います。

記事一覧へ

上田 潤

富士吉田市地域おこし協力隊

山梨県南アルプス市出身。大学進学を機に上京した後、数社のジョブホップを経て2020年10月から〈富士吉田市地域おこし協力隊〉に。
これまで〈星野リゾート〉でサービスマネージャー、岡山の倉敷美観地区に拠点を置くローカルベンチャーで地域商社事業部の立ち上げや人事を経験。協力隊着任前は、キャンプ場や研修施設を運営する会社で山中湖の施設のマネージャーを担当。そこで開かれたイベントで、富士吉田市で活動する人たちと出会い、「富士吉田の人と地域」に魅力を感じ現在に至る。
地域の人と人との関わりが拡がるようなコミニティデサインの構築を目指し、地域福祉や飲み屋街の活性化、アキナイ創りなど、好奇心旺盛に富士吉田市の可能性を感じる毎日。地域に眠っている「ネタ」を事業の「タネ」と前向きに捉え、地域を面白がるガキ大将。

CONTACTお問い合わせ

you FUJIYOSHIDA
運営:一般財団法人ふじよしだ定住促進センター(FRPC)

〒403-0009 富士吉田市富士見1-1-5
10:00〜18:00(土・日・祝日を除く)

0555-73-9438