walfare

上田 潤

2020.12.22

上田潤の地域福祉とふじよしだ01「地域福祉とコミュニティデザイン」

はじめまして、
上田潤(うえだじゅん)といいます。
29歳、男性、独身です。

2020年10月から〈富士吉田市地域おこし協力隊〉に着任しました。
どうぞよろしくお願いいたします。

協力隊になる前の話は、僕のプロフィールに少し書いてあるので、
今回は協力隊になってからのことについて、簡単にお話したいと思います。

僕が富士吉田市で地域おこし協力隊を希望した理由

僕は日頃から都市部と地方の「ヒト・モノ・コト・情報」の密度の差に、どこか違和感を感じていました。ところがその違和感を払拭してくれたのが、富士吉田市の人たち姿でした。

「自分たちのまちは自分たちで創るんだ」という熱意をひしひしと感じ、協力隊になりました。

今は自分の仕事を
「まちの資源やポテンシャルを掘り起こし、事業のタネとして水を注ぎ、地域のみんなと花を咲かせること」なんじゃないかと認識しています。

熱意を気づかせてくれた富士吉田市の人たち

地域福祉とコミュニティデザインを考える

そのなかでもテーマとして、
「地域福祉」視点からのコミュニティデザインに夢中かな。

まだだま勉強不足で知らないことも多いけど、ここまでの活動で感じているのは、とても可能性のあるテーマだということ。

〈you FUJIYOSHIDA〉の連載では、「地域福祉」に関する僕の考えや業界で働く方々のこと、人と人とのつながりから感じた可能性の話などを記録していこうと思います。

「地域福祉」というと範囲が広く、一般的には浸透していなかったり、その言葉が意味する役割がまだまだ捉えきれない分野。

そのなかで、このようなかたちで「地域福祉」に関する自分なりの知見を記録する機会をくださった、富士吉田市に感謝。

この「まち」にとって、いつかどこかで、僕が力になれますように。

記事一覧へ

上田 潤

富士吉田市地域おこし協力隊

山梨県南アルプス市出身。大学進学を機に上京した後、数社のジョブホップを経て2020年10月から〈富士吉田市地域おこし協力隊〉に。
これまで〈星野リゾート〉でサービスマネージャー、岡山の倉敷美観地区に拠点を置くローカルベンチャーで地域商社事業部の立ち上げや人事を経験。協力隊着任前は、キャンプ場や研修施設を運営する会社で山中湖の施設のマネージャーを担当。そこで開かれたイベントで、富士吉田市で活動する人たちと出会い、「富士吉田の人と地域」に魅力を感じ現在に至る。
地域の人と人との関わりが拡がるようなコミニティデサインの構築を目指し、地域福祉や飲み屋街の活性化、アキナイ創りなど、好奇心旺盛に富士吉田市の可能性を感じる毎日。地域に眠っている「ネタ」を事業の「タネ」と前向きに捉え、地域を面白がるガキ大将。

CONTACTお問い合わせ

you FUJIYOSHIDA
運営:一般財団法人ふじよしだ定住促進センター(FRPC)

〒403-0009 富士吉田市富士見1-1-5
10:00〜18:00(土・日・祝日を除く)

0555-73-9438