walfare

上田 潤

2021.01.08

上田潤の「地域福祉とふじよしだ」03 筆談

年末年始、これほどゆっくり実家で過ごしたのはいつぶりだろう。

爽やかに晴れた空をぼんやりと眺めながら、車を走らせ、およそ1時間。

南アルプス市にある実家へ到着。父・母と、1年半前から家族になった黒猫が出迎えてくれた。

僕には弟が2人いて、一応は長男。次男は既に結婚して子どもも2人いるし、三男坊は東京で働いているため、今回帰省は自粛するそうな。なので、今年は僕、父、母の3人と猫1匹で年越しである。

元々おしゃべりな僕は、富士吉田市での暮らしのこと、地域おこし協力隊としての活動のこと、はやく家族がほしいとかなんとか、他愛もないことをたくさん話した。

年末年始の特番を一緒に見たり、早い時間から父と乾杯をしたりと、とても穏やかな時間を過ごした(毎朝5時半に黒猫くんに起こされたこと以外は…)。

両親の各実家へ、お墓参りと新年のご挨拶も。

祖父、祖母の中で元気なのは、父方のばあちゃん1人だけ。

ほかの3人は、僕が生きている世界ではもう会えないらしい。

元気といっても、ばあちゃんはもうすぐ90歳。透析治療をしていて、週に3回、1日3時間、管とベットにつながれ、体内の血液を入れ替えている。耳も遠いし、目も悪い。

最近は発作で、身体に痛みがいきなり襲ってくるという。

※おばあちゃんとも相談し、撮影時のみマスクを外しました

この日は、ばあちゃんと筆談で話をした。

自分がボロボロなのに、「仕事は順調かい」、「身体は大丈夫かい」、「無理はしていないかい」、「いい人は見つかったかい」、なんてことを聞いてくる。

多くのシワを携えた手が、ゆっくり動く。

達筆すぎて、読むのに一苦労だった。

今回、家族と過ごす中で、いわゆる老いというものを、つらつらと感じとった。

祖母はもちろん、父と母に関しても。

髪の毛や肌の色、動いたり話す速度、姿勢、手のシワや顔のたるみはわかり易い。

より気になったのは、すぐ疲れてしまう身体や精神、外部との関わりの少なさ、日々の生活の中で、幸福感や充実感をどれくらい感じているのだろうか、といったような点だった。

「地域福祉」に興味を持っていなかったら、気がつくことができなかったかもしれない。

あるいは、自分のことばかり考えて、気づかないふりをしていたのか。きっと、後者のような気がする。

“愛情をもって観察をする”ということは、目の前のコト、ヒトから目を背けずに真っ直ぐに見て、その向こう側を考えたり、想像する、ということなんだろうな。

そんな目線が、少しづつ自分の中に芽生えていることを実感して、嬉しさを覚えた、三が日の一幕。

記事一覧へ

上田 潤

富士吉田市地域おこし協力隊

山梨県南アルプス市出身。大学進学を機に上京した後、数社のジョブホップを経て2020年10月から〈富士吉田市地域おこし協力隊〉に。
これまで〈星野リゾート〉でサービスマネージャー、岡山の倉敷美観地区に拠点を置くローカルベンチャーで地域商社事業部の立ち上げや人事を経験。協力隊着任前は、キャンプ場や研修施設を運営する会社で山中湖の施設のマネージャーを担当。そこで開かれたイベントで、富士吉田市で活動する人たちと出会い、「富士吉田の人と地域」に魅力を感じ現在に至る。
地域の人と人との関わりが拡がるようなコミニティデサインの構築を目指し、地域福祉や飲み屋街の活性化、アキナイ創りなど、好奇心旺盛に富士吉田市の可能性を感じる毎日。地域に眠っている「ネタ」を事業の「タネ」と前向きに捉え、地域を面白がるガキ大将。

CONTACTお問い合わせ

you FUJIYOSHIDA
運営:一般財団法人ふじよしだ定住促進センター(FRPC)

〒403-0009 富士吉田市富士見1-1-5
10:00〜18:00(土・日・祝日を除く)

0555-73-9438
info@f-rpc.com