walfare

上田 潤

2021.04.08

上田潤の地域福祉とふじよしだ08「福祉を自分ごとへ」

富士吉田市のさくら

さくら咲く今日この頃。

節目の時期でもある今回は、あらためて「地域福祉とはなにか」というところから考え始めたいと思います。連載当初の記事で、地域福祉についての僕の解釈を記録していました。

「地域福祉」
地域の人々が立場や役割を越えて、みんなで安心して暮らしていけるように、協力して困りごとを解決していこうとする考え方

僕は富士吉田市地域おこし協力隊として、”地域福祉の推進”をテーマに日々活動をしていますが、最近の活動でさらに気づいたことがあります。

それは、”地域福祉の主体は住民である”ということです。

僕の地元でもある、山梨県は南アルプス市。
なんとここが、先進的な地域福祉推進に取り組んでいるとの情報を入手。これは学びに行くしかないと、さっそく伺ってきました。

南アルプス市では5年前から、「地域ささえあい協議体(以下、協議体)」という取り組み(団体)が始まっています。協議体は、これから多様化・高齢化していく社会を鑑み、公的な福祉サービスを受けるだけでなく、自らが当事者となって、住民主体、地域全体で福祉に参加していこうとするものです。


「地域ささえあい協議体」 
in 山梨県南アルプス市
住民主体で地域福祉に参加する取り組み・団体


協議体では、『地域課題・地域の理想像』をテーマに、住民主体の会議が日常的に行われています。そこから行政やNPOなどとも連携し、新たな事業や取り組みとして仕組み化していく、といった流れで活動されているそうな。内容としては居場所づくり、日常生活支援、見守り活動など、多岐にわたります。

住民主催「地域ささえあい協議会」で語られたテーマ
『地域課題・地域の理想像』
行政やNPOとも連携し、事業や仕組みを生みだすことも
ex)居場所づくり、日常生活支援、見守り活動 など

驚くべきは、市内で既に100以上ものコミュニティ運営が行われていて、今も現在進行系で増えていっているということです。
さらに深く学びたいと考えた僕は、実際に協議体の会議や勉強会に参加させていただきました。

協議会主催の勉強会のようす。静岡で20年以上居場所づくりをされている、NPO団体「たすけあい遠州」代表の稲葉ゆり子さんの講演

ある日、南アルプス市で行われた勉強会。会場へついた僕は、参加者で満員のホールにとても驚きました。任意参加の勉強会にこれほど人が集まっていること(その数およそ100人以上)、しかも時間帯は19時〜21時というゴールデンタイムです。みなさんが講演に聴き入り、熱心にメモを取ったり質問をしていたり。とても印象的な光景で、協議体活動への意識の高さを感じました。

住民主体の定例会議の様子

この日は9つの自治会区代表者が集まっての地域会議。地域の特徴から、直近の課題を把握し、今年度における地域の活動ビジョンを決定するというテーマについての話し合いです。参加者全員が主体的に発言し、意見に対して否定をせず、互いにフラットな立場での活発な議論は、民間企業や行政のそれと遜色ありませんでした。

こういった住民主体の活動が南アルプス市内全域で行われており、文化として根づいてきていることを実感し、地元をとても頼もしく思いました。

一方で”地域福祉の推進”において、富士吉田市よりかなり先を歩いているような実感があり、少し悔しさにも似た感情を覚えたというのが正直なところです。

でも、そうか。

近くにこんな好例があるということは、吸収して、富士吉田市に合った形で模索していくことができる。

地域福祉の主体はまちのみんな。

富士吉田市の多くの人々が、福祉を自分ごとにしていけるようなきっかけづくり。

これだ、今年度はこれをやろう。

富士吉田市の地域福祉推進モデルをつくっていこう。

記事一覧へ

上田 潤

富士吉田市地域おこし協力隊

山梨県南アルプス市出身。大学進学を機に上京した後、数社のジョブホップを経て2020年10月から〈富士吉田市地域おこし協力隊〉に。
これまで〈星野リゾート〉でサービスマネージャー、岡山の倉敷美観地区に拠点を置くローカルベンチャーで地域商社事業部の立ち上げや人事を経験。協力隊着任前は、キャンプ場や研修施設を運営する会社で山中湖の施設のマネージャーを担当。そこで開かれたイベントで、富士吉田市で活動する人たちと出会い、「富士吉田の人と地域」に魅力を感じ現在に至る。
地域の人と人との関わりが拡がるようなコミニティデサインの構築を目指し、地域福祉や飲み屋街の活性化、アキナイ創りなど、好奇心旺盛に富士吉田市の可能性を感じる毎日。地域に眠っている「ネタ」を事業の「タネ」と前向きに捉え、地域を面白がるガキ大将。

CONTACTお問い合わせ

you FUJIYOSHIDA
運営:一般財団法人ふじよしだ定住促進センター(FRPC)

〒403-0009 富士吉田市富士見1-1-5
10:00〜18:00(土・日・祝日を除く)

0555-73-9438
info@f-rpc.com